メタディスクリプションの重要性

メタディスクリプションはHTMLにおいて、ページの概要を示すテキストです。
meta description項目とも呼ばれ、検索エンジンでも重要視される項目です。

SEO対策ではキーワード選定とともに重要視される項目です。
メタディスクリプションの内容がしっかり設定されていないと、こちらも
不適切なサイトと見なされてしまう可能性があるため
最適な形で設定しておくことが重要です。

検索結果としてタイトルと同時に表示される部分になりますので、
ここでいかにユーザーの興味を引きつける内容にできるのかが重要です。
もちろん、タイトルやキーワードとしっかり関連付けできていることが
大前提となります。

最適な状態

また、メタディスクリプションはページを示す項目ですが
長く書いても効果がないと言われています。

あくまでも本文をしっかり読んでもらうための目安として
一番伝えたいことを要約した形での記述が必要です。
そして、短く簡潔に書くことが求められます。

さらに、メタディスクリプションの中のキーワードは
SEO対策で重要と考えられています。

ここでも本文やタイトルの内容と合ったものでないといけません。

SEO対策はWebページの最適化を行いますが、
それに合わせてmeta descriptionも最適化されます。

目的に合わせる

キーワードの出現数や曖昧検索に対応できる文言の選定、
カテゴリ化されやすい文章など、SEO対策として時間をかけられる項目の1つです